9/3(sun) RAZOR SHARP 情報解禁

9/3(sun) RAZOR SHARP 情報解禁


7月28日にLIVITY SOUNDからのリリースでもおなじみ、ASUSUを迎えてRAZOR SHARPやるのですが、
はやくも7月28日の次にやるRAZOR SHARPについて発表できるところまで来たので、少し早いですがお知らせします。

7月28日の次は、9月3日日曜日開催です。
昨年4月登場に圧巻のライブを披露したKILLER-OMA(KILLERBONGx鈴木勲)が再登場します。
今年4月のRAZOR SHARP登場時強烈なライブパフォーマンスを披露してくれたBLACK GANION,
昨年アルバム”PEASTA” をリリースしたMdM主宰Campanella
とRAZOR SHARPでしかできない凄まじいキャストでお届けします!
先週末から告知始めましたが、詳しいインフォは、後日改めてお知らせします。

KILLER-OMA(KILLER BONGx鈴木勲)

KILLER BONG
BLACK SMOKER RECORDS主宰。最も黒い男

鈴木勲
立教大学在学中、来日したルイ・アームストロング・オールスターズの公演を聴き特にベース奏者のミルト・ヒントンに衝撃を受ける。1956年には米軍ベースキャンプで演奏を始める。その後松本英彦クァルテット、渡辺貞夫グループに入り活動。また自己のグループ結成後ファイブスポット等でライブ活動を行う。1963年の「幻の銀巴里セッション」でも菊地雅章、富樫雅彦 、金井英人とのセッションを残している。1970年、来日したアート・ブレイキーにスカウトされ渡米、ジャズ・メッセンジャーズの一員となり全米、欧州をツアー。帰国後TBMレーベルで『ブロー・アップ』(日本ジャズ賞受賞)等の名作を録音。その後も多くの内外ミュージシャンと共演し、後年は日本の若手ミュージシャンの教育にも力を注いでいる。

BLACK GANION

切り裂きジャックは、テレビを見ながらこう言った。
「かつて、俺は怪物だった。現代では、俺は素人に過ぎない。…俺こそが未来なんだ」
1888年、ホワイトチャペルで起きた連続殺人事件のバックに流れていたのは、ヴィクトリア朝のミュージック・ホールの調べだった。そして2013年、時代の混沌を彩るサウンドトラックが、ブラック・ガニオンだ。
インターネットに接続してみよう。ディスプレイ画面に映し出される血生臭い映像の数々は、人間が根本的に破壊と殺戮を愛する生物であることを物語る。アラブ諸国の民衆蜂起(インティファーダ)やルーマニア革命は、自由を求める気高き精神に基づく闘争といわれる。だが、彼らの投げた石は占領者の頭部を砕き、 銃弾は独裁者とその妻を貫いた。”自由”すらも真っ赤に血塗らずにいられない、それが人間の性なのだ。
”スーパー・メタモルフォシス・グラインダー”ことブラック・ガ二オンは、2003年の結成以来、声なき声を轟音と絶叫に変えて、世界にぶつけてきた。泥濘のスラッジは怒濤のグラインドコアへと雪崩れ込み、チルなダブのカッティングはいつしかドゥーム・リフ、そしてケイオティックな混濁へと変異していく。エクストリーム・ミュージックとダブステップの邂逅の最初の成功例のひとつは、彼らがGOTH-TRADとの「METHOD」コラボレーションで成し遂げたものであろう。
ただ、彼らの音楽は単なるジャンルの羅列ではない。ひとつのスタイルに固執しないことで、その真の音楽像が浮き彫りになってくる。聴く側にも、同様のことが言える。ブラック・ガ二オンの音楽に向かいあうには、スタイル化されたモッシュではなく、本能を解き放つことが求められるのだ。彼らのステージは、自由と攻撃性の饗宴という、現代世界の縮図である。
2004年のEP『HAKKYO』、2005年のライヴ作『BLASPHEMY PACK』を経て、彼らは2007年に初のフルレンス・アルバム『FIRST』を発表。続いて2010年にはライヴLP『LIVE AT HUCK FINN “REST IN PEACE… AI”』、アメリカのローダナムとのスプリット作『ULTRASONIC GENERATOR SCHEMATIC』などをリリースする一方で、彼らはブルータル・トゥルース、サンO)))、エレクトリック・ウィザード、オム、カイレッサ、ネイルズ、トータル・ファッキング・ディストラクションなど海外アーティストとの共演も果たしながら、鮮烈なメタモルフォシスを遂げてきた。2013年、バンド結成10年という節目に世に問うのが、本作『SECOND』だ。
テロ、戦乱、暴動と、世界は混迷を深めていく。『SECOND』は、そんな時代を切り取ったドキュメントとして、リアルに迫ってくる。
日常と戦場の境界線は、もはやない。ブラック・ガ二オンは、最前線の音楽だ。

Campanella(MdM)

1987年愛知県生まれ。
2011年、RCSLUM RECORDINGSのオムニバス『the method』でその名をヘッズの耳に焼き付け、ネット上にアップしたフリーミックステープ『DETOX』と、そのリメイク盤『RETOX』で注目を浴びる。同年、C.O.S.A.とのユニット、コサパネルラ名義で自主リリースしたEP『The Cosapanella from MdM』は、後に3枚組アナログとしてもリリースされた。
2012年、CAMPANELLA&TOSHI MAMUSHI名義のスプリット・アルバム『CAMPY&HEMPY』をリリース。インターネットラップバトル「INTER HOOD」二連覇を達成したほか、Youtubeで公開し、大きな話題を呼んだ楽曲「My California」をアナログでリリース。さらに、2013年、DJ ISSO & CAMPANELLA名義のオフィシャル・ミックスCD『hope is no hope』をリリースしたのち、2014年、待望のデビュー・ソロ・アルバム 『vivid』をリリース。その内容は各方面から称賛され、その年のヒップホップ年間ベストに多数選出された。
2015年末、勢いを増す東海を代表するヒップホップ・クルー「SLUM RC」のアルバム『Who Wanna Rap』に参加。数多くの客演やライブを精力的に行いながら、待望のセカンド・ソロ・アルバム『PEASTA』を完成させた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA